pH調整剤ってなに?

「食」の疑問

こんにちは。東北在住のあきです

原材料ラベルによくpH調整剤って表記がありますよね
ドレッシングやソース、おにぎり、干物、練り物、飲料などさまざまなものに使われています

「これって、なにかな。危ないものではなさそうだけど」と思ったので調べてみました

本日はpH調整剤についてです。どうぞよろしくお願いします

pH調整剤とは

pH調整剤とは、食品のpH(酸性度やアルカリ度)を調整するために使用される添加物です

食品には、変質や変色や腐敗を防ぐために、それぞれ適切なpHがあるため、
そのpHを保つために添加されます

また、pH調整剤には、クエン酸やコハク酸など、「酸」が多いため、
酸味をつける目的でも使われています

他に、保存性を高めるためにも利用されます


「pH調整剤」とは、添加物の一括名で、実際に使われている物質には、
コハク酸、乳酸、リンゴ酸、酒石酸など、もともと自然界に存在する酸の他に、
それらの酸にナトリウム(Na)を結合させたものが多くなっています


pH調整剤は、食品衛生法に基づき、人の健康を損なう恐れがないものとして
厚生労働大臣が定めたもの以外は、原則として使用することができません

pH調整剤の多くは使用基準(使える食品や使用量の限度についての基準)を定めていませんが、
一部の品目には、必要に応じて設定しているそうです

pH調整剤の安全性

そのような観点から、pH調整剤は、それほど安全性の心配はないようですが、
前述の通り、Naを結合させたものも多いことから、Naの過剰摂取がやや懸念されます

しかし、どのpH調整剤をいくつ使っても「pH調整剤」としか表示されませんので、
私達消費者にはどれが使われているのかは分かりません

また、安全性についてはもう1つの懸念があります
これはpH調整剤に限った話ではないのですが、「添加物の複合摂取」という問題です

厚生労働省が安全性を認めている添加物テストは単品で行われており、
これらが複合的に摂取された場合の影響については検査されていないのもやや気になります

コメント

タイトルとURLをコピーしました