岩手への帰省と父の日のひまわり

その他雑記

先日、夫の実家がある岩手に帰省した


コロナで半年以上帰っていなかった

里帰り出産で北海道に帰る前にどうしても行きたかったから

落ち着いているときに無事に義母の顔を見に行くことができてよかった



岩手へ向かう道のりはいつもわくわくで



自宅を出発して間もなく、

信号待ちで、お花屋さんがふと目に入り、



ちょうど父の日で、

お店の前にはたくさんのひまわりが


ー父の日に、ひまわりを贈る人ってどのくらいいるんだろうね


夫は、そもそも父の日にひまわりを贈るという最近の花事情を知らなかった様子で


ーあとさ、”母の日はガーナ”っていうCMあったよね。なんとなく見てたけど、母の日とガーナって関係ないよね


夫は、そのCMも知らなかった様子で



CMを見た時、なぜ何も疑問に思わなかったのかが不思議で

カーネーションの赤とガーナのパッケージの赤、真っ赤なドレス



お土産を買おうと立ち寄ったケーキ屋さんのドアには

「ケーキ完売」の張紙で、

急遽探した別のお店でケーキを購入することに


ーいくつ買おうか


ケーキを6個購入して再出発

お土産なのに、
今日と明日で2回ケーキを食べる気満々な感じがして少し恥ずかしい気もするけれど


いよいよ高速に


ー旅が始まる



北海道から東北に来たばかりの時は、

高速を走っていると、山が近い、と感じていた

緑が近くて立体的だと


今ではすっかり慣れて


東北の道が北海道と違うところは、

山と水田が多くて、畑が少ないところ


ー山、山、山、水田…



途中、前沢のサービスエリアで休憩をとり、

何か面白いものはないかなと売店を一通り見て回り、

夫用のペットボトルのコーヒを1本と

1個150円の奥州ポテトを1つ

2人で分けて食べて再出発


久しぶりに食べた奥州ポテト


ー中にクリーム入ってたんだね



そこからもしばらく車を走らせて、

高速を降りたら、畑や住宅地が混在している道路をゆらゆらと走り、


ーここって、いつも工事してるね


夫が何か説明してくれたけど、私は上の空で、

この手のつぶやきは、いつも一方的で



実家の近くのいつもお店で、お花とお酒を買い

いつものお店ではピンとくるお花がなくて、

同じ敷地内のスーパーのお花コーナーを見てみることに


ーどれにしようか


パッと目に飛び込んできたのはひまわり


ー父の日に、ひまわり贈る人ってどのくらいいるんだろうねー


自分の言葉を思い出しつつも


ーひまわり、いいかもしれないね


サービスカウンターでラッピングをお願いし、

紙で巻いた簡易的な包装を想像していたけれど、

店員さんが2人で一生懸命包装してくれ


できあがったのは、ビタミンカラーのかわいい花束

オレンジの包装紙に、持ち手に黄色のリボン、”for you”のシール


ーもう少し立体的にしたかったんですけど、これで大丈夫ですか


丁寧に花束を差し出され、



夫が持ってくれた花束は、外に出るや風で煽られて、

慌てて、風で煽られないように、私が抱えるようにして持ち、


駐車場に向かいながら、


ー親切にされると、嬉しいね


ここを出たら実家はもう目と鼻の先


ー楽しみだね


膝の上にひまわりを座らせて、


丁寧に扱わなければいけないものは、なぜだか優しそうに見えて


こちらも優しい気持ちにしてくれるような



駐車場を出発


実家まではあと少し。運転どうもありがとう

コメント

タイトルとURLをコピーしました